ホーム > NEWS > コロナウィルス感染症対策について

NEWS

コロナウィルス感染症対策について [2020.5.11]

新型コロナウィルス感染症対策の為、以下の取り組みを行っています。

【共有スペースの対応】

・玄関、トイレ、待合室、学科教室に除菌スプレーを設置しています。

・受付けカウンターは、飛沫防止策として遮蔽用のシートを設置しています。

・来校時は、間隔をあけてお待ちください。

・受付にて検温を実施しています。

・待合室は窓を開け定期的に換気を行っています。

・ウイルス・菌を除菌するエア・クローバーを設置しています。

・マスクは必ず着用をお願いしています。

・長椅子は、間隔を確保できるように配慮しています。学習機も座り方を見直しました。

・定期的に除菌をしています。

【技能教習】

・教習開始時に手の消毒をしています。

・教習車両は除菌スプレー等で消毒しています。

・技能教習中は、窓を開けて換気をしながら教習しています。

【学科教習】

・2人掛けのテーブルには原則1名が着席するようにしています。

・2か所以上の窓を開け換気をしながら教習しています。

【高齢者講習】

・技能講習は、受講者2名ずつとし、窓を開け換気しながら行っています。

・運転交代ごとに消毒を行っています。

・教室内の検査、講習時には講習室内の換気をします。

・検査機は、受講者交代ごとにその都度消毒します。

・検査実施時は、飛沫感染防止の為遮蔽板を設置しています。

【送迎バス】

・乗車中の換気状態を確保する為、送迎バスの窓は開けて運行しています。

・1回運行ごとに車内を消毒しています。

新型コロナウィルスの感染予防策を引き続き十分配慮して行ってまいりますので、お客様におかれましても、ご理解とご協力をお願いします。

この難局を皆さんと一緒に乗り越えましょう!大切な人を守る為、今できること・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ